売るタイミングも大事です。

カメラを売るタイミングも重要!
カメラを売るときってどんなときでしょうか!?
・カメラを買い替えした
・カメラを使わなくなった
おそらく上記のどちらかに該当することがほとんどでしょう。

では、一体いつ売るのがいいでしょうか。この点を考えてみましょう。

中古カメラが動く時季

カメラを趣味にしてる人は大勢います。実際に売るということは一眼レフカメラを持ってたことです。
では、カメラを使うときってどんなときでしょうか?

年中使うという方も多いでしょう。しかし、1年中いつでも同じように使うということはないでは!?
1年のうちによく使う時季があると思うのです。一般的に真冬はカメラを使う機会が減ると言われています。そもそもカメラは屋外で使うシーンが多いです。真冬の寒い時季にカメラ片手に散歩というのも悪くはないですが、少し暖かくなってきた春や紅葉シーズンの秋のほうがより一層楽しめるはずです。

つまり、春とか秋にカメラを使う方が多くなるのです。
ということは、その時季にカメラを買う人も多いはず。
また、ボーナスシーズンにカメラを買うというケースも多いでしょう。

ポイント
>>>カメラを使う時季に売るのがいいでしょう。中古カメラを買う人が増える=買取価格も高くなる傾向にあるのです。

※ただし、売ろうと思った時期が真冬だったら春まで待てば価格がアップするとはなりません。
 やはり電化製品ですから売るタイミングが遅くなればその分価格は落ちます。
 むしろ、計画的にカメラの売却を考えておくようにするべきです。

ポイント:売る時季を考えておきましょう!
・カメラが動く時季に売却しよう!
・ただし、待っても相場はあがりません。